気になるシーシャの初期費用【今すぐ体験セット】

シーシャカフェに通ってるうちに「これ家でも出来たらいいのになー」って思う時ありませんか?今回は、お家シーシャに必要な物を揃えた時の初期費用について3本立てで記事にしていきたいと思います。


  • 1本目 初期費用を出来る限り抑えて今すぐ一刻も早くあのシーシャを我が家でやりたいんじゃー!という方向けの今すぐ体験セット ←今回の記事
  • 2本目 多少お金をかけて見た目にもこだわりたいし機能性も重視したい安泰セット
  • 3本目 一生大事にする!金額とかじゃなくて誰ともかぶりたくない、自分の好きな一品を手に入れるんだぁ!という方向けのこだわりセット

という3本立てで書いていきたいと思います!

家の近くにシーシャ屋さんが無い方、もしくはシーシャを始めたいけど何もわからない方向けにamazonや楽天などの身近に使える通販で買えるものを紹介していきます。

※注意 amazon、楽天やそのほかの通販でも価格の変動があります。この記事は2019年10月24日時点での調査による価格になります。又、本体価格だけで判断しており送料などは計算にいれておりません。

それではどうぞ!


今すぐ体験セット

炭 1,018¥

安さを追い求めるならシルバーチャコールがぎりぎりのラインですね。これよりも安い炭となると炭の質が疑わしくなってしまうので!

炭をガスコンロで熱するときに網が必要ですがこれは100均やホームセンターで購入した方が安く抑えられると思います。お忘れなく!


アルミホイル 577¥

シーシャに使うアルミホイルの厚さは20マイクロメートル以上にしましょう。ホイルがたわまないようにするためです。穴をあける物もお忘れなく!爪楊枝や縫い針等


ボウル 2,090¥

シリコンボウルにしました。陶器と迷ったんですが、陶器だとステムとボウルの間に「グロメット」と呼ばれるシリコン製のパーツが必要なのですが、シリコンボウルだとそれがいらないので節約の為にこのボウルをチョイスしました。


トング 550¥

安さ重視の場合アツアツの炭を掴める素材でしたら正直何でもいいです。ただ最初は先端にギザギザが付いてるトングをお勧めします。炭が落ちたら大惨事なので…

因みにお恥ずかしい話ですが、自分は未だにこのアイストング使ってますw。使い心地が他のトングに比べてめちゃくちゃ良いので…

愛用中トング 730¥


フレーバー 1,240¥

フレーバーに関しては、実店舗を持っていないとタバコを通販で販売してはいけないという法律が日本にはあるので、フレーバーが買えるサイトを紹介したいと思います。最安値だと AL FAKHER のフレーバーですかね


ホース 713¥

下記で紹介しているパイプにはホースが付属していますので、安く抑えるなら買わなくてもいいと思います。買う場合は、プラスチック製かシリコン製の洗えるホースがおススメです。洗えると謳っておきながら実は金属が使われているホースもあるので透明なホースが安いし分かりやすくて安心ですね!


パイプ

安いパイプだとパンプキンというタイプのシーシャが目立ちますが、あまりお勧めしません。入る水の量が出来るだけ多いほうが美味しい煙を吸うことが出来るので、ここを基準にして出来るだけ安いパイプを見つけました!

5,980¥ ※品切れ


5,980¥  ※品切れ


6,555¥

7,999¥

8,454¥


9,981¥  ※品切れ


総額

以上のラインナップから計算すると

炭 1,080¥

アルミホイル 577¥

フレーバー 1,240¥

パイプ(シリコン製ホース、 シリコン製ボウル、アリゲータートング付き) 5,980¥

合計金額8,877¥となりました!

このパイプはボトルとステム、ボトルとホースをつなぐ箇所がネジになっているのでグロメットが必要ない事。付属品としてシリコン製ボウル、シリコン製ホース、アリゲータートングが付属していることがお得感あったので購入モデルにしました。買う商品の組み合わせによって多少の変動はありますが、10,000¥±2000¥の幅でシーシャを始められたらめちゃくちゃ安いほうではないでしょうか?これを機にお家シーシャ始めてみてはいかがでしょうか?

次回は、多少お金をかけて見た目にもこだわりたいし機能性も重視したい安泰セット 編です。お楽しみに!



最後まで読んでいただきありがとうございます。

お勧めのフレーバーミックスのリクエストや、シーシャの裏技などありましたらお気軽に教えて下さい。

カテゴリー毎の記事はコチラ