シーシャを初めてでも上手に吸えるコツ PART2

今回は、前回のシーシャを初めてでも上手に吸えるコツ PART1(下のリンクからも飛べます)に続いてPART2です。それでは早速書いていきたいと思います!


1 アルミホイルは△

シーシャのビジュアルといったらやはりアルミホイルの上に炭を置いて吸っているイメージですよね?あれ実は初めてやるには結構難しいんです。

スーパーやコンビニに売っているアルミホイルは薄くて破けたり、たわんでしまったり、バランスが難しくて炭を真ん中に置いて焦がしてしまったり、何かと細かいコツがいります。

それよりも断然楽で、温度調節も楽になったヒートマネジメントシステムをお勧めします。これはアルミホイルをボウルに引きません。フレーバーを盛ったボウルの上に置いて、中に炭をいれるだけで美味しい煙がでるという装置です。最近沢山出てきたシーシャ屋さんでもカラードロータス等を使っているので、簡単に言えばそんなに手間をかけずに、お店の味が自宅で出せるということになります。いくつかヒートマネジメントシステムの紹介をします。

カラード社は、ラグジュアリーなシーシャ用品を出しているメーカーです。デザインが凄く洗練されていてシンプルなのでとても大好きです。

オデュマンイグニスは、美しいガラスパイプで有名なオデュマンから出ている商品です。非常に信頼できるメーカーで、商品の個体差がほぼ無い為安心して使うことができます。


2 フレーバーは、ちょっといいものを

初めてで準備しなくてはいけないものが沢山あり、ゴージャスなシーシャや、かっこいいホースを買ってしまい、お金を節約するのはフレーバーになりがちですが、ちょっとまってください! 貧相なパイプで吸いたくない気持ちはわかりますが、見た目や触り心地で煙の味はそこまで変わりません。

一番大切なのは状態の良いフレーバーを使うことです。メーカーは伏せますが私も最初の頃安いフレーバーを買って後悔したことがあります。50グラムのはずが、でかい茎が沢山入っていて重さのかさましがしてあったり、袋が破けていてフレーバーが乾燥していて、とてもノドに刺激のある煙が出てきた事もありました。この経験から、あまり安すぎるフレーバーは避けるようになりました。最初おススメのフレーバーはこちら。

アルワハ

ゾーモ

source : zomousa.com

この辺は、価格も安く煙の質もなかなか良いのではないでしょうか。主に50グラムで売ってることが多いので失敗しても大丈夫だと思います。

フマリや、アルケミスト等は素晴らしいメーカーですが、100グラム単位で売っていることがほとんどなので、値段も高く、失敗した時のダメージがでかいです。なのでまずは、安くて質のいいフレーバーを吸ってみて好きな味等を見つけてから100グラム単位で購入することをお勧めします。お店で気になっているフレーバーを吸ってみるのもいいですね。


3 弱火でじっくり温めよう

フレーバーが完全に炭化してしまうと、濃くて刺激のある煙しかでませんが、その直前にフレーバーが教えてくれます。

まず[今まで吸っていたのに対し急激に煙の量が増える]これは炭交換を行った直後に起きやすいです。そこまでは、味が落ちていなければ良いのですが、そこから煙の味が一瞬酸っぱくなる感じがしたら即座に炭の量を減らすか、フレーバーを混ぜて全体の温度を下げてください。

本業にしているプロの方たちは対処法を他にも知っていると思いますが、シーシャの始めたてや趣味で吸っていたりしている人たちはひとまずこれで解決できると思います。

冷たいボウルの上に炭を3つくらい置いて最初の立ち上げの時は良いのですが、交換の時に同じ数の炭を置いてしまうと、ボウルが既に温まっている為、温度が高くなりすぎてしまい焦げてしまうという場合がほとんどなので、炭を2つにするとか、風防をかぶせる等して美味しい煙を味わいましょう。大量の煙を吐き出す時は快感ですが、焦げていては意味がないと私は思います。なるべく美味しい煙を味わう為にも弱火でじっくり温めてみましょう。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

お勧めのフレーバーミックスのリクエストや、シーシャの裏技などありましたらお気軽に教えて下さい。

カテゴリー毎の記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA