シーシャ入門 #2 シーシャのセッティング

シーシャ入門 #2はシーシャのセッティング方法です!買ったはいいけど、どうやって組み立てるの?なんて人の手助けになればいいと思います。


  • クレイトップ(ボウル)  

フレーバーを盛る部品です。素材は陶器製、シリコン製、ガラス製などいろいろあります。

形もクレイトップの下に穴が複数あいているシンプルな”ストレートタイプ”真ん中に一つだけ大きめの穴があいている”ファンネルタイプ”があります。それぞれのタイプの中にも形が様々あり、シーシャを吸う上で大事な部分だと思うのでぜひ自分好みのクレイトップを見つけてみてください。

・ストレートタイプ

フレーバーの香りが強めに感じられます。しかしフレーバーの液が穴に入り込みステム等を汚すことがあります。また、フレーバーが穴を塞ぎ吸いずらい時があります。

・ファンネルタイプ

お皿の上にフレーバーを盛るので液だれの心配がいりません。また、カラードロータス等のヒートマネジメントシステム等と相性がいいモデルが沢山発売されています。また、穴を塞ぐものがないので非常にスムーズな吸い心地です。


  • グロメット

クレイトップとステム、ステムとホース、ステムとボトルの繋ぎ目に空気が入らないように咬ませる部品です。シリコン系が多いです。小さいと意味がないので気持ち大きめに買うことをおススメします。


  • アッシュトレイ

上のアッシュトレイは「Shisha-Mart」さんで購入することができます。火力が強すぎたりしたときに炭を一旦置く場所です。素材や色など様々なのでパイプに合わせて選んでみるとオリジナリティがでて良いと思います。


  • ステム

クレイトップとボトルの間の煙が通る部分です。「Shisha Shop UPTAIL」さんや他の販売店でもステムのみの販売もしているようです。


  • エアーバルブ(空気弁)
source : blog.tirakita.com/2013/10/シーシャについてよくある質問.shtml

煙がイガイガしてきた、焦げ臭くなってきた場合にホースを吹くのですが、その吹いた煙が出る場所です。中にボールが入っていて吸うとハマり、吹くと隙間ができて煙が出るという仕組みです。中にはこれがついていないものもあります。吹くと水がステムを通ってフレーバーや炭が濡れるので注意です!


  • ボトル

ボトルに水をいれてステムを差し込みます。煙が水を通る場所です。水でなくても、お酒やジュースでも可能です。


  • ホースアダプター

パイプとホースを繋ぐ部分です。アダプターにグロメットをいれることによって空気漏れを防ぎます。「Shisha Shop UPTAIL」さんの販売ページ載せておきました。


  • ホース

煙を口に運ぶための部品です。革製や、シリコン製など様々な素材がありますが革製は洗えず匂いが残るので洗える素材がいいと思います。


  • マウスピース

ここに口をつけて煙を吸います。


セッティング

こちらが部品全てをセットしたシーシャです。自分好みにコーディネートして楽しく美味しくシーシャを嗜みましょう!



最後まで読んでいただきありがとうございます。

お勧めのフレーバーミックスのリクエストや、シーシャの裏技などありましたらお気軽に教えて下さい。

カテゴリー毎の記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA